2月27日(土)に、なかのZEROホールで催される、フラメンコの祭典 ANIFERIA:アニフェリアに、カンテソロとスタジオ代表の群舞で参加します。

 

 群舞の振り付けが日曜に終わりました。

まだこれから、より完成度を高めるべく、皆で練習していく訳ですが、先ずは、振付ける身として、第一段階の達成感を味わっています。

 

 私は群舞の振り付けを考えるのが、大好きです。

今回は、初めてCDを使って振付けたので、その難しさと面白さの両方を体験しました。

フラメンコは本来、「個」を如何に際立たせるかが大切な芸能ですが、群舞にしか出来ない表現というのもあり、曲と踊る人間さえ決まれば振り付けのイメージはどんどん湧いてきます。

 

 ブレリアのスピード感を失わずに、かつ忙しい印象にならないように・・、そして7分間でどういったドラマを作れるかが課題でした。マントンを使った華やかな構成をお楽しみ頂きたいと思います。

 

 7人の生徒も本当に、良く練習についてきてくれています。

2人のベテランを除いて、皆このような大イベントは初めてなので、彼女達にとっては、1日で5、6時間の練習をこなすだけで大変だったのではないかと思います。

 

 通常のクラスレッスンでは1年掛けて、7、8分の曲をこなしていくのに、それを1ヶ月弱(4回・約18時間)で振付けたのですから・・・。終わったら、きっと大きく成長してくれていることでしょう。

 

 これから照明合わせ、全体練習、本番と重ねて、最終的に8人全員で大きな達成感を得られるように頑張りますので、ぜひ、皆さま応援して下さい。

 

 日時:2月27日(土) 17:15開場 17:45開演

 場所:なかのZERO大ホール

  料金:一般4000円(前売)4500円(当日)  日本フラメンコ協会会員 3500円(前売・当日共) ※全席自由

 

 私はカンテソロでNANA(子守唄)を唄います。ギター伴奏 内藤信 19:00頃の出演予定

 

 群舞は、Vicente Amigo ビセンテ・アミーゴ のAzules y Corinto というブレリアの曲を

川崎さとみ 松井洋子 齊藤宣子 栗原恵子 小林智子 川村奈苗 櫻井貴子 末志保 計8名で踊ります。20:00頃の出演予定

 

 チケットのお申し込み・お問い合わせは川崎まで satomi_kawasaki@hotmail.com

 

照明合わせ

スタジオで踊るということ

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)