今年の夏は、とことん暑くなりきらないまま、地震や豪雨のニュースが続いていたような気がします。

皆さんは良い夏休みを過ごされましたでしょうか?

 

 私のスタジオも、ほぼ通常のレッスン日程に戻りました。

夏休み分の補充で2時間レッスンになっているクラスもありますが、やはり「2時間」あると、充実した練習メニューが組めるなぁ・・と感じています。

 

 一方で、夏の疲れでしょうか、体調不良で休み人が多い時期でもあります。

今日は、そんな方へ向けて、私の体調管理法をひとつご紹介します。それは「食べ過ぎないこと」です。

 

 よく言われる夏バテの原因として、「暑さ」と「冷房」との温度差、冷たい飲み物の取り過ぎなどがあげられますね。

私は、加えて「食べる」にも関係があると思うので、夏場は自然と食欲が減退するに任せ、「無理に食べないよう」にしています。

 

 暑い→発汗量が増す→水分補給は必須、という環境では、食品が胃腸や肝臓に与える負担が高くなるはず・・。

私にとって夏場の食欲減退は、自然な自己防衛手段だと思えるのです。

そして、秋口に又、食欲が増進するのも、来る冬の寒さに備え脂肪を蓄えようとする本能であろう・・と。

 

 そんな風に、特に節制するでもなく食べたり食べなかったりしていますが、「年単位」で捉えるとそれでちょうど帳尻が合っているようです。

 

 「何をどれだけ食べたいか」を自問しつつ「美味しい、と感じる食べ方(量)を意識して食べる」のは、きっと“身体の声”に耳を傾ける手段のひとつであるでしょう。

 

 例えば、風邪の時なども「栄養のあるものを食べる」より「何も食べずに内臓を休ませる」というのが、私の治し方です。(水分補給はしっかりしますよ)

常日頃の食事環境から見て、数日位は、何も食べなくても栄養失調にはなりませんから・・・。

意識的に「軽い飢え」を身体に体験させて上手にリバウンドさせるという、この方法は、私には合っているようです。

 

 誰にでもお奨めできる方法ではないのでしょうが、きっと人それぞれに「体調管理のツボ」はあると思うので、自分に合った方法を見つけて、早く、元気になって下さいね。

 

月曜日入門クラス20:00~21:00

スペイン語で日本の昔話を読んでみる

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)