アバニコ(扇)は、すぐに金具が壊れて(外れて)しまいますね。

デザイン・色・値段に関係なく“もれなく”壊れます・・・

これはもう何十年来、改善されない難点なので、消耗品と捉えるしかありませんが、日本で買うと決して安いものではないので、なるべく修理して使いましょうね。

 

 金具部分の補強に効果的なのはグルーガン(ホットボンド)を使って、留め具を固めてしまうことです。

「ハンダ付けする」という方法も有りますが、素人でも簡単に扱えるのはグルーガンです。

ホームセンターなどの工作用品売場で数百円で買えると思います。

http://www.amazon.co.jp/Three-Axis-%E3%83%9F%E3%83%8B%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%AC%E3%83%B3-%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF5%E6%9C%AC%E4%BB%98-20302/dp/B000ZX95H6/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1248336983&sr=8-1

 

 出来れば「壊れる前=買ったらすぐに」補強してしまうのが最善策。

一度、留め具が飛んでしまうと見つけられないこともあるので、新しく買ったらすぐに補強してしまって下さい。

 

 本体部分の壊れも軽症なら、継ぎ接ぎで使い続けられるはずです。

保存する時、扇の折山が崩れないように、キチンと閉じた状態で紙等を巻き、その上から輪ゴムを掛けておくことも、長持ちさせるコツです。

 

 アバニコは手入れ次第で長く綺麗に使えるものですし、ある程度使い込んだアバニコのほうが、開閉もスムーズです。

衣裳の色に合わせたり、練習用、本番用と数種類欲しくなる時もあるでしょうから、一本ずつ大事に扱って徐々に増やせるといいですね。

 

 

 

 

伸びる人、伸びる時

今日のオープンクラス&次回のお知らせ

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)