今日のオープンクラスは、Tangos:タンゴの最終回に相応しく、賑やかに楽しく終わることが出来ました。

パルマやハレオにも徐々に慣れて、最後の方はとても活発に入れられるようになり、良い雰囲気でしたね。

 

「まだ、余り踊れないけれど、その分、唄やハレオを頑張ろうと思った」という入門レベルの人も、その心意気や良し!

見ていて清々しく感じました。

 

 色々なレベルの人が参加するオープンクラスでは、人それぞれ習得度は違うものです。

でも、この短期クラスの最大目標である「踊る側と伴奏者側との関わりあい方の大切さ」は、全員にしっかり伝える事が出来たと感じています。

今後は、更に臨機応変な対応が出来るよう、幾つかのポイントを復習しておいて下さい。

 

① 一番大切なのはコンパス。唄を良く聴きながら、パルマがしっかり叩けるようになりましょう。

② 勉強した唄は、上手・下手に関わらず、口ずさめる程度には覚えてしまいましょう。

③ 唄の入り口、歌い返しのタイミングは、伴奏者との意志の疎通が大切です。

「やりたいことが伝わる踊り方」を目指しましょう。

 

まとめ : 人前で踊る時やパルマに就く時は、弱気にならずに思い切って、声を出し身体を動かすことが大切です。

とにかく「やるぞ!」という気持ち、「頑張って!」と思う気持ちを最優先させましょう

そして、1人で練習する時は、技術面を磨き上げる為の地味な作業にしっかり取り組みましょう。

「自信」は「練習」に培われるものなのです。

 

 9月から新たに始まるBulerías:ブレリアのクラスも、ぜひ奮って参加して下さい。

Tangos:タンゴよりも難しいのは確かなので、こなせるかどうか心配な方も、どうぞ遠慮せずに挑戦して下さい。

10の内、1でも2でも自分の栄養としよう、と捉える心がけこそ大事だと思います。

 

 詳細は次の通りです。

日程 9月5日より隔週の土曜日 9月19日 10月3日、17日、31日、11月14日、28日 全7回 

 

時間 10:15~11:00 歌詞の勉強

     11:00~12:00 Soleá por Bulerías  :ソレア・ポル・ブレリア 、Bulerías :ブレリアの実践(パルマ・踊り)

 

 参加者が多い場合は、12:15~13:00のクラスを増設します。その場合も歌詞の勉強は10:15~一緒に行います。

又、12:00までしか居られない方は、予めその旨をお知らせ下されば、対応致します。

 

  

料金 1回2000円(3ヶ月7回全て参加する方は一括12000円)

    ※当教室在籍者で、学割・子育て支援割引きの対象者は1回1500円(一括9000円)

 

お申し込みはメールにて satomi_kawasaki@hotmail.com (件名:オープンクラス申し込み)
 

 

 

 

アバニコの修理:購入直後の補強が効果的

アバニコ(扇)の扱い方

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)