今日のオープンクラスは、Tangos de Málaga :タンゴ デ マラガで、よく歌われるものを2つご紹介し、その2つの歌詞が『問いと答え』の関係になっていることの大切さなどに触れました。

 

 こうした、定番とも言える唄を知っていれば、最初の「ひと節」を聞いた時に「次はこう来る」と、予想することが出来るようになるので、踊る時に唄を楽しむゆとりが生まれます。

カンテクラスではありませんので、歌えるようになることを求めてはいませんが、ぜひ元曲を何度も聞いて、「聞き覚える」努力はして頂きたいと思っています。 

 

 踊りの方は「振りを掘り下げる」勉強をしたので、その成果あってか?随分とTangos:タンゴらしい雰囲気が出るようになってきました。

要点は「思い切って大きく動くこと、但し軸がブレない様に」

「膝を柔らかく使って、重心の移動を自然にすること」

「他人の動きに気を取られず、自分の判断で歌詞の切れ目を狙って踊ること」などです。

 

 次回も又、なるべく実践に役立つよう、歌われる頻度の高い唄をご紹介したいと思います。

 

 

 さて、クラスが終わってから、一部の生徒さんとスペイン語ニュースをインターネットで見る話題になったので、そのサイトをご紹介しておきますね。

 

 BBC MUNDO http://www.bbc.co.uk/mundo/index.shtml

 

 EL PAÍS  http://www.elpais.com/internacional/

 

 

あの~、先ずは6級なんですけど・・・。

西検の薦め

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)