昨日は無事に発表会2日目が終了しました。

ご来場の皆さまありがとうございました。
出演者、スタッフの皆さん、本当にお疲れさまでした。

最後の挨拶でも申し上げましたが、発表会に関わった全ての人が、みなそれぞれに自分のベストを尽くして成功に至ったと感じています。

振りを間違えた等々のミスは、まあ「終わったこと」ですから気にしないで、次に生かすことだけ考えましょう。昨日に至るまでの道のり、継続したことに価値があったのです。


今週末から、通常のクラスレッスンに戻ります。
暫く触っていなかったスペイン語のテキスト、そろそろ恋しくなっていることでしょう。
そう信じていますよ。 頼むからそうであってくれ。(^_^)v

パルマや基礎の足、回転等々、やるべき課題は山積ですが、目標あってこそ成長出来るわけですしね。

発表会終了後、何人かの生徒さんから聞いた言葉のひとつ、異口同音にですが…

「こうして発表会の舞台に立てたこと自体に感謝している」

私も全く同感です。

自分がどれほどフラメンコを好きでも、環境や体調がそれを許さないことがあります。

また、どのレベルの人にでも、それぞれに限界を感じたり、向上心を維持できなくなる時というのはあります。

そんな時に想いを共有できるのはやはり仲間だと思います。
ですから、これからもどうか仲間を大切に練習を続けてください。

色々と未熟な「先生」ですが、こうして付いてきてくださっていることに改めて感謝しています。


エスペランサ ライブ終了

発表会1日目終了【生徒向け重要連絡含む】