ベレン マジャのクルシージョが終わりました。
アレグリアス、タラントス、ティエントス、タンゴス、ブレリア、ソレアのクラスをほぼ毎日、日替わりで受けたのです。

実に色々な意味で勉強になりました。
自分の基礎力のなさ、不器用さを再確認する日々。
超絶に難しいパソは、どんなに録音を聞いても数えることさえ出来ないし、比較的シンプルなパソは速度が全く追いつかないという有りさま…頭の体操か、はたまた動体視力を鍛えているのかみたいな…よよよ。(T ^ T)

超回復(筋肉を休める時間)を取る機会がないまま、翌日は新たな振り付けに取り組むのですが、未消化部分が積み重なるばかりで、まさに「やる気はあるけれど身体が悲鳴をあげている」という状態でした。

でも久しぶりに踊りを習う側の経験をして、気づいたことや思い出したことは多々あり、何とか最後まで続けることができました。

クラス時間の変更や休講をお願いした生徒の皆さん、本当に有難うございました。

エスペランサ ライブ 終了しました。

2015年 発表会