11月のライブ向けての練習を少しずつ始めています。

 今日は邦楽チームとフラメンコチームの全員が初めて揃って、打ち合わせをしました。皆さん、素晴らしい!

 伴奏者の音楽性を壊さず、自分の世界をどこまで求めることが出来るか、これから回を重ねて、より納得のいくものを目指していきます。
(今回は琵琶と篠笛を取り入れた創作舞踊に挑戦中)

 フラメンコらしい曲としては、明暗、対象的にグァヒーラとシギリージャを選びました。
部分的にパレハで踊るため、伊集院史郎さんと一緒に振りを考えている最中です。(教わっている部分の方が多いのね、勿論)

 先週の金曜日に、一気に唄ぶりとエスコビージャを仕上げたものの、練習不足、力量不足で今日はボロボロでした。とほほ。

 日頃踊っているパソは殆どオリジナルなので、自分の癖が修得の邪魔をするのですね。右から出したい、とか踵から進みたい、とか身体が勝手に自分の踊り易い方向へ舵取りするので…、久しぶりの苦労を楽しんでいます。

 そう「練習って楽しいものだな」「出来ないことって面白いな」と、思えているのは、まだ3ヶ月あるという時間的なゆとりのおかげ。

 でも8月は大学の勉強だけで瞬く間に過ぎること必至。
9月に入るまでに大枠は作り上げておいて、後は磨いて行くだけという計画にしたいものです。

 さて皆さんは「楽しんで」練習出来ていますか?
技術面を磨く作業は地味でつまらないかも知れないけれど、単調な練習でも「楽しんで」取り組むことが、やはり上達の秘訣と言えるでしょう。



子供の習い事としてのフラメンコ

レッスン方法を工夫するの巻。

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)