昨日は中野ゼロホールという1000人以上のキャパを持つ舞台で本番だった訳ですが、今日は、志木の東北コミュニティセンターという地域の集会場での文化祭で唄って参りました。

 

 勿論、こちらのキャパや舞台環境はごく素朴なものですが、踊ってくれた「ビエント デル フラメンコ」のメンバーもまた、私の自慢の生徒さんたちです。

 

 継続年数、何と21年! 

 

まだ娘が乳飲み子だった時代からのお付き合いで、最高年齢のTさんは、今年84歳! 今回もかくしゃくと踊って下さいました。

 

 また、ここのメンバーから、昨日の舞台で群舞に参加した人もあり、今ではソロで踊れる力量をつけてくれました。今日は、アレグリアスの追い上げの足の場面では、自然と会場から拍手が起こり、感動的でした。決してフラメンコ関係者ではない一般のお客様に伝えられるものがあった成果だと思います。

 

 どのメンバーも決して器用なタイプではないし、それぞれに主婦であり、勤め人であり、孫を持つ人であったりと、全くの素人さんたちばかりです。

 

 しかし、10年、20年というその積み重ねが素晴らしいのです。今までに習った曲をどれも継続して練習しているので、4曲、5曲と踊れるレパートリーも広いです。

 

 スタジオに所属していても、発表会などでお披露目したっきり「昔の曲はもう忘れました」という生徒が大勢を占めます中で「習った曲を全部保ち続けている」というのは簡単そうに見えて実は大変なことです。

 

 生徒名簿を見直すと、5年、6年は当たり前、10年以上続けてくれている人が沢山あります。勿論、1ヶ月で辞めてしまう人だっていますが、人の縁の不思議と言いましょうか、類は友を呼ぶと言いましょうか、真面目で努力家の生徒が残ってくれているのは私の福運でしょう。(自分で真面目で努力家と言った・・・って誰か突っ込んでいるね、絶対)

 

 

 

 スタジオ内で催す「親睦会」や、狭いタブラオ、昨日のような大舞台、踊る場面は異なっても、出せる成果の本質は同様に思えます。

 

「客席に何か伝えられたかどうか」です。

 

 昨日の舞台を見て下さった方々からは、数多く嬉しい言葉やメールを頂きました。大いに身贔屓もありましょう。ですから、私やフラメンコとは距離のある方々の感想が伺えれば、それこそ耳を傾ける価値のあるものです。

 

 二日続けて、フラメンコの先生冥利に尽きる仕事が出来たこと、関係者の皆さまに心よりお礼申し上げます。有り難うございました。

 

 ※ 「ビエント デル フラメンコ」は、私の生徒ではありますが、スタジオ所属ではなく、東武東上線の志木駅そばの公的集会所で自主自立的に活動しているサークルです。

 

 新メンバーも常時、受け入れておりますので、興味のある方は以下を参考に中心者の後藤さんまで、お問い合わせ下さい。

 

 

 

ビエント・デル・フラメンコ 

 新座市で活動しているフラメンコサークルです。 

 40代〜80代まで幅広く集まり、月に数回、楽しくフラメンコを踊っています。 

 

 練習日  第1,3水曜日 

      第2,4月曜日  午後3:15~5:30 

 練習場所 新座市 東北コミュニティーセンター 3Fホール 

 

 新規会員募集のお知らせ 

  フラメンコを知って楽しんでいただくために 

『セビジャーナスを踊ろう!』というグループを新規開設します。 

  練習日  第1,3水曜日   午後3:15~4:00 

  練習場所 新座市 東北コミュニティーセンター 3Fホール 

  会費   月2000円 

 

発表の場  15月に開催される地元の「東北コミセンまつり」 

       川崎さとみフラメンコ教室主催の親睦会・発表会 

      他、地域でのボランティア活動などに積極的に参加しています。 

  

 

 連絡・お問い合わせは  後藤滋子まで 

     電話 048-479-6490自宅。 

090-9158-4648携帯 

     メールアドレス  gotofamy@vennus.dti.ne.jp

スペイン語の参考書

ANIFERIA終了

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)