親睦会まで、あと一週間。

今回は「初めて人前で踊る人」が多く、色々と心配である。
勿論、踊る当人が誰より不安であろう。

「親睦会」の一番の目的は、他のスタジオ・クラスの人たちと文字通り親睦を深めること。そして、人前で踊る機会を増やすことで、舞台度胸を養って欲しいのである。

「発表会」と違って、群舞はどれも、まだ振り付け途中の状態だから、おそらく失敗も多々あるだろうけれど、どうか本番は楽しく踊って貰いたいと思う。

さて、そんな風に、上石神井・新所沢共々に親睦会モードが盛り上がっている中、今も上石神井のスタジオでANIFERIAの練習に何人か残っている。
彼女たちは10:00からクラスレッスンに来て、その後、昼食で休憩を挟み、14:30頃から練習を始めた。(今、20:00)

実の所、生徒に踊らせるのは厳しい難曲に取り組んでいるので、もう、どんなに練習しても、私の求めているレベルには追いつかないかも知れない。しかし、やると決めた以上、落伍者を出さずに何とか完成させたいと願っている。


既成の音源(CDなど)で踊るのは、生伴奏で踊る場合とは別の難しさがある。

どちらも音楽を良く聞かねばならないのは同じだが、生の場合は伴奏者が踊りに合わせるべく調整してくれる。
CDで踊る場合は、一音、一声に至るまで、踊り手が合わせなければならない。

特に群舞では複数の足音が混ざるため、全員の打点が一つに揃わなければ、音が濁ってしまう。

それぞれ、技術的な得手不得手に差があるので、どうすれば、より良い面を引き出して降り付けることが出来るか…….,それは私の役目だが、中々、悩み甲斐のあるメンバーと言えるだろう。

ともあれ、人生は短い。思い切り踊れる時期なんて更に短い。だから、何事もやるなら、ちゃんとやろうよ。

さて、親睦会だね!

生徒向け連絡事項

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)