年末年始、皆さん如何過ごされたでしょうか?

年賀状を下さった方々、有難うございました。
例年通り、私は年賀状を書きませんので、欠礼をお許し下さい。

さて、既にお知らせしてありますように、最初のレッスンは来週、火曜日、水曜日から大掃除と新年会を経て始まります。

既に皆さん、私物は持ち帰って手入れをしてくださっているはずですが、再度、スタジオへ持ち込まれる前に数点、確認なさって下さい。

 ファルダ(スカート):
 1人1着限定。名前を記入。
両サイドにループを取り付けること。
ハンガーにも名前シールを貼ること。

 靴:
1人1足(スタジオフリー使用者は2足まで)
靴裏の張替えを業者に頼む際には、黒く色落ちすることのないものを指定指定下さい。
靴のヤスリがけを十分に行うこと。: これは新年のレッスン前に全員分、チェックをします。手入れ不足の靴はやすりがけ終了まで、履くことが出来ませんので、そのつもりで念入りに金ヤスリで磨いて来て下さい。
靴底(土踏まず部分)に、名前を書くこと。

靴の棚は収納に限界がありますので、2人で1スペースを共有して下さい。


コルドベスとマントン: 使用する曲を練習中の人(次回、踊る予定のある人)のみ。


その他、カスタネット等の私物は、 スタジオに放置しないで下さい。

何人か、昨年末に上記の私物を持ち帰らなかった人がいます。該当者ついては、今年一年間、その品物をスタジオに置くことを禁止します。

蛇足ながら…。
 およそ着用済みの衣類で1年間、洗濯しないものってご自宅にあるでしょうか?
普通は考えられないと思いますが、更衣室にある練習用ファルダのハンガーには、それが沢山残されていました。

スタジオから持ち帰って私が洗濯したスカートは両スタジオで合計14着です。
これは、ちょっと苦言を呈しても許されるのではないでしょうか。管理者として情けないと申しましょうか。

また、靴はスタジオ床材をタップリと削り取った痕跡のあるものが目立ちました。
釘の手入れがキチンと出来ないのは初心者から中級者に多いです。

どうか、スタジオとフラメンコ道具、双方に更なる配慮を持って頂けるようにお願いいたします。

月に2回の【ルンベーラクラス新設】生徒募集

エスペランサ終了

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)