発表会です。ふふふ...ふぉふぉふぉ...。
いえ、もう私は自分のライブが終わりましたからね。気楽なものです。

事務仕事も、後は当日のプログラムを作るだけ。(ま、これが大仕事ではありますが...)

何だか毎日のように、生徒たちにメイクと髪の直しを繰り返しています。難しいんだねえ。やっぱり。とんでもない事になっている人、続出だものなぁ......。

いいですか。舞台メイクは「やたら塗りまくるもの」ではないのです。如何に衣装負けせず、照明で顔が飛んでしまわないようにするか。

ポイントは眉毛とアイライナー。取りあえず、ほぼ全員の顔を一度は触ったはずですから、こちらも必らず練習しておいて下さいね。(必須道具は、先だっての頁に書きました)



さて、プログラムの《挨拶文》、今回はどうしようかと思案中。
2年振りの発表会、今回は感慨深さがひとしおです。
沢山の人との出会いがあり、出会いの数だけドラマもありましたが、この2年間は特に、人生の大きな節目に当たっている人の姿を見ることが重なりました。

大きな病気を乗り越えて舞台に上がる人も複数居ますし、外からは見えない困難を抱えている人も沢山居ます。いえ、むしろ、何も苦労という程の事がなく、暇に飽かせてフラメンコでも......という人の方が、私の教室では稀でしょう。
皆、それぞれに自分に打ち克ちつつ、発表会を通して更に成長しようと努力している姿は、実に感動的です。

そもそも、才能だのセンスだの持ち合わせている人は、100人に1人居るかどうかなのですが、その人が地道に練習をする、或いは出来る環境にある、とは限らない訳でして......。
「果たして続けられるのかしら...」と当初は心配な人たちが、「継続は力なり」を証明してくれるのを目の当たりにする度、それはもう先生冥利に尽きる訳です。

まだ、「お疲れさま」を言うには早すぎますが、「ここまでついて来てくれて有難う」と先に伝えておきますね。

一番、上手く踊れる自分をしっかりイメージし、自信を持って堂々と踊って下さい。
あなたも、あなたも、あなたも...、あんなシンドイ思いを乗り越えたではありませんか。


フラメンコに必要なもの、いっぱいあります。知識も技術も時間も...。でも、はじめに誇り有りき、だと私は思うのです。

私に縁して下さった皆さんであるからには、ここはひとつ、誇り高く行こうじゃありませんか。




発表会お疲れさまでした。(生徒向けメッセージ)

エスペランサ終了、発表会に向けて

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)