発表会に向けてのギター合わせや、お化粧の講習会が、今週中には全クラスで終わります。

 

 踊りの練習と同様大切なのが、髪・お化粧・衣裳をきちんと整えることですから、こちらも不慣れな人は充分に練習しておきましょう。

 

 本番当日は、そういった点について、細かいアドバイスをする余裕はありません。また当日、言ったところで間に合わないこともあります。

 

 前日リハまで、後、数回しか練習がないですが、必ず、私の「OK」をもらえるまで、衣裳・髪・化粧を整えた状態で出席して下さい。

 

 今一度、必要なものを下記に整理しておきます。

 

 : モーニョを作る為の道具 ;櫛(ブラシではなく)、整髪料(ハードタイプのジェル)、 アメピンとUピン(大・小)、黒ゴム(細・太)、付け毛(髪の量が足りない人)、ネット(網目が細かく、形は大きめのもの、チャコット製がベスト)、花や飾り櫛などの装飾品

 

化粧品 : 全て耐水性のもので揃えること ;ベースになるファンデーション(濃淡2色)、フェイスパウダー(特にクリームタイプのファンデーションを使う人は必須)、アイシャドウはブラウンの濃淡、発色のはっきりした口紅とリップブラシ、眉毛カット鋏、眉ブラシ、眉ペンシル、アイライナー、大き目のフェイスブラシ

 

その他 : 手鏡、衣裳、アスまたはイヤリング、網タイツ(やや濃い目のベージュでシンプルな網目のもの。柄タイツや色タイツは不可) 靴、アバニコ、パリージョ、タオル、化粧落とし、着替えの下着類、配られた書類の内、「諸注意事項」と「タイムスケジュール」を精読しておくこと(当日、持参)

 

 ※アバニコとパリージョは、セビジャーナスとファンダンゴスに急な欠席者が出た場合、代理で踊る可能性がある人は必携

 

 ・・・こんなところかしら。 何か足りないものに気付いた人は知らせて下さい。

エスペランサ終了、発表会に向けて

”いわゆる”ヒターノについて

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)