フラメンコ研究の第一人者である飯野昭夫先生から、レクチャーのお知らせを頂きましたのでお知らせします。皆さん、行きませう。


「“いわゆる”ヒターノについて --フラメンコ前史:モリスコとの関係」

 

 講師:飯野昭夫
5月27日(日) 午後3:30開場、4:00すぎ開始予定
中野ANIFセンター http://www.anif.jp/ctt_anif_contact.htm
一般3000円(飲み物・つまみつき・持込大歓迎)

 

 

******** 

フラメンコの創造と発展に大いに寄与したのはヒターノであり,彼らはインドに起源を 持つ…というくらいはフラメンコに深い関心を持つ者なら誰でも知っています。

今度の 講演のテーマとなるのは,フラメンコの創造と発展に大いに関わったと言われる彼ら が,果たして本当にそうしたインド起源のヒターノだったのだろうか,という疑惑についてです。

レコンキスタの後,スペインを追われた改宗イスラム教徒--モリスコ--がヒターノを偽 装したりして,本当はヒターノではない者達もヒターノだと名乗って,いつしか,そのような連中もヒターノだということになった。フラメンコを創造し発展させたのはそのような雑多な連中であり,自分たちはエジプトから来たと名乗ったが故にヒターノと呼ばれるようになった者達だけではなかったのではなかったろうか,という点を状況証拠とともに解説するものです。

******** 


 

生徒向け連絡事項

エスペランサ

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)