他人の苦労が判るのは、自分にも同じ経験があるから。これは当然のことです。

 

 踊りにせよ、唄にせよ、スペイン語にせよ、私は全てに不器用で本当に苦労してきたし、今でも苦労し続けているので、生徒さんの大概の悩みには共鳴できるのですが、唯一、「何故、出来ないのか?」さっぱり判らないのが“巻き舌”なのでした。

 

 はい!「とぅるる~」「どぅるる~」って言ってみて~。

「と・る・る・る」「ど・る・る・る」・・・・・・何としたものか・・・。そして、出来ない人の比率の高いこと!

 

 Google で「スペイン語 巻き舌」と検索してみると、トップに萩原正人さんという方の“巻き舌クリニック”という頁がありました。

これは、経験者談で、かなり説得力があったので、ご紹介してみます。(リンクフリーかどうか不明なので、上記のように検索して下さい。)

 

 スペイン語のRとLの発音の違いは、かなり大きな影響を及ぼすので、苦手な人にとっては何としても乗り越えねばならない高い壁です。

 

 私は、こればかりはどうしても上手く教えてあげられないので、「頑張って~!」と旗を振るしかありません。

 

 何ごとも根気やで~!(いきなり関西弁)

ソロだから出来ること

2011年合同親睦会

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)