集英社新書 ノンフィクションから桃井和馬氏の新刊書“妻と最期の十日間”が発売されます。

 

3年の時を経て、ようやく出版されたこの本。

2年前に「風の旅人」に連載され、読んだ折には、胸がつぶれそうな想いがしたものでした。

 

誰もが避け得ない「死」の場面。その訪れが急であるほど、遺された人達の混乱と悲しみは大きい。

常に「死」を覚悟しつつ「生きる」ことは大切だ。

 

http://shinsho.shueisha.co.jp/index.html

エンリケ・モレンテ亡くなる

Al alba  夜明けに

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)