José Mercé  ホセ・メルセ の aire アイレというCDは名盤で、大好きな一枚だが、その10曲目に Al alba アル・アルバが録音されている。

 

 形式はBulerías ブレリア、でもCDに、そう示されていないのは、この曲がLuís Eduardo Aute ルイス・エドワルド・アウテという人のオリジナルでスペイン人ならおそらく誰でも知っている?と言って良いほどの有名な曲だからだ。

 

 日本で、もし誰かが谷村新司の「昴」をブレリア調で歌ったとしても、やはり「昴」は「昴」でしかないから・・・という感じだろうか?

 

 一見、恋愛を題材にしているように思えるこの曲が、世に出されたのには、実に重い時代背景がある。

人権擁護団体のアムネスティ(カタルーニャ)のHPに、Auteのインタビューと歌詞(オリジナル)が掲載されているので、紹介しておきたい。

 

http://www.amnistiacatalunya.org/edu/2/pm/pm-poesia-aute.html

 

 スペイン語のインタビュー内容を簡単に説明しておくと、これは1975年、フランコの独裁政権下で、最後に行われた死刑に抗議する為、緊急に書かれたもので、当時の検閲を通り抜ける手段として、恋愛風の歌詞に本来の意味が隠されている。おそらく、アウテの数々のヒット曲の中で、一番、歌い継がれているであろう、ということだ。(次回、ちゃんと訳文を掲載します)

 

 私は、ホセ・メルセ版を聞いた時は、特に心に残る曲ではなかったのだが、歌詞に秘められた本来の意図を知り、アウテのオリジナルを聞いてからは、いつかはこの曲を唄いたい、唄わなければ、と思ってきた。

 

 12月28日に今年最後のエスペランサ・ライブがあるので、それに間に合わせようとしている。

 

 アウテとホセ・メルセ以外にも、女性で唄っている人がいるので、興味のある人は聞き比べてみて下さい。

私は、やはりアウテが一番、好きだけれど・・。

 

 Aute  http://www.youtube.com/watch?v=zPW_iz40Bl0&feature=related

 

 José Mercé  http://www.youtube.com/watch?v=sRadQwNsq_Q&feature=fvw

 

  Rocío Marquéz  http://www.youtube.com/watch?v=0NO5ewTcX14&feature=related

桃井和馬氏の新刊書

歌い手の本音、の続き

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)