Q : 初心者にお勧めのCDがあれば教えて下さい。

 

A : 「初心者向け」「経験者向け」という区別は、全くありませんが、最初に良い出会うCDというのは、とても大切だと思いますので、自信を持ってお勧めできるartista アルティスタをご紹介しましょう。

 

 好きなartista は沢山居るので、誰とは絞りきれないのですが、あえてguitarrista ギタリスタ:ギター奏者2人 ,cantaor カンタオール:フラメンコ歌手(男性)2人 , cantaora カンタオーラ:フラメンコ歌手(女性)2人 に厳選してみました。

 

guitarrista ① Vicente Amigo ビセンテ・アミーゴ ② Paco de Lucía パコ・デ・ルシア

 

cantaor ① Camarón de la Isla カマロン・デ・ラ・イスラ ② José Mercé ホセ・メルセ

 

cantaora ① Maite Martín  マイテ・マルティン ② Remedios Amaya レメディオス・アマージャ

 

 この6名の参加CDなら、どれでも先ずハズレはないと思います。 

付加条件として「スペイン語の歌詞カードが付いている」ことや「録音年代の新しいもの」を優先されると良いでしょう。

 

 「歌詞カード」は、必ずしも実際の唄と一致していないことが多く、悩ましいところですが、フラメンコの唄をゼロから聞き取るのはとても大変です。

アンダルシア訛りに加えて、gitano ヒターノ:ジプシー独特の言い回しなどがあるため、専門家でないとなかなか聞き取れるものではないのです。

資料として歌詞カードが付いている方が良いと思います。

 

 また、録音年代の新しいものをお勧めするのは、フラメンコが常に前進し続けている芸能だからです。

使用楽器やアレンジなど、年を経ると共に、常に新しい試みが取り入れられています。

決して「新しいものが良い」ということではないのですが、やはり、今の時代に生きる人にとっては、その時代に即したものを聞くほうが自然だと私は考えます。

 

 そして、お気に入りのartista を見つけられたらば、年代を遡って他のCDも求めていかれるのが良いでしょう。

 

 また、フラメンコの礎となったartisuta たちの往年の名盤、復刻CDも沢山出ています。

これらもいずれは必ず聞いて頂きたいのですが「最初の1枚」として選ぶには、ちょっと「通」すぎるかも知れません。

 

ブログを読んで下さっている方なら、インターネットで注文されるのが一番、簡単な入手方法だと思いますので、参考までにacústica :アクースティカ (フラメンコCD等の通信販売会社)の頁をご紹介しておきます。

 

以下の6枚は特にお勧めです。

 

http://www.acustica.jp/contents/tienda/data/pageview.cgi?ID=01014

 

http://www.acustica.jp/contents/tienda/data/pageview.cgi?ID=01633

 

 http://www.acustica.jp/contents/tienda/data/pageview.cgi?ID=00124

カマロンは故人ですので、1992年以降の新しい録音 CDはありません。

 

http://www.acustica.jp/contents/tienda/data/pageview.cgi?ID=00183

 

http://www.acustica.jp/contents/tienda/data/pageview.cgi?ID=01025

 

http://www.acustica.jp/contents/tienda/data/pageview.cgi?ID=00325

 

叱られ上手になりましょう。

「がんばる」より大切なこと

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)