お陰さまで、今回も無事にエスペランサのライブが終了しました。有難うございました。

 

 今回は静岡から出てきた旧一番弟子の川端すみ子がとても良いアレグリアスを踊ってくれ、満足しています。

地方に居ると、圧倒的に現場体験が減ります。そんな中で自分を甘やかすことなく精進していたことが、よく判る踊りでした。

本人にも伝えましたが、スペインから帰国した直後(5,6年前)より、今の方が格段に良くなっていました。

 

 当日合わせだけのタブラオの仕事でやっていいこと、いけないことの分別もあり、パルマもしっかり叩いたし、私が一番伝えたいと思っている伴奏者との連携という点でも言うこと無しの出来でした。

 

 齊藤宣子も、現生徒のトップにいる者として、手本になる踊りができたと思います。

 

 こうして、しっかり唄とギターを聴いて踊れる生徒が育ってくれることが、何よりの幸せで、今日は、とても満足して帰宅しました。

 

 次回のエスペランサは10月9日(土)です。

またのご後援を宜しくお願い致します。

 

 

 

7月18日発表会についてのお知らせ

臓Sobrevivir辿!

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)