私の教室は踊りを教えることが中心ですが、時々Jaleos:ハレオとして、短いタンゴを皆で唄うことがあります。

Jaleoは踊りの合間に景気付けや雰囲気の転換として挿入される唄で、クアドロでは良く使われます。

 

 スペイン語やフラメンコの唄に慣れる絶好の素材だと思うのですが、中々、「それらしく」聞こえるのに時間が掛かるようです。

歌詞を覚えるのにひと苦労、そしてパルマを叩きながら唄うのがまた難しい・・・、ですから生徒達が唄い始めた頃は「らしく聞こえなくても」ま、仕方ないかな、と思っていたのですが・・・。

 

 ある程度時間を経ても、どうも何かが違う・・・、音程が悪いとか、声が小さいとか、そうゆう問題ではなく・・・。う~~ん、何がいけないのだろう・・・。

そして、はた!と気が付いたのが「口の形」でした。

 

 そう、日本語は殆ど口の形を変えなくても話せる言語なんですね。一方スペイン語は、はっきりと口角を変化させて話す言葉、どちらも母音は5つなので、日本人にとって「巻き舌」以外は発音するのに苦労の少ない言語ではありますが、日本人のスペイン語とネイティブのそれが一番違っている点は、口角の変化度ではないかしら?と思ったのです。

 

 TVで鳩山総理が語っているシーン、もしボリュームをOFFにしたら、もはや殆ど挙動不審な人にしか見えませんが、スペイン人の場合は、同様の状況でも口角がよく動くので明らかに「何か話している」ことが判ります。

 

 早速、生徒たちに「もっとはっきり母音を意識して口の形を変えて唄ってみて」と言ったら・・、おおっ!ぐんと良くなったではありませんか。唄っている表情もうんと明るくなりました。

どうやら別にイヤイヤ唄っていた訳ではなかったようで・・良かった良かった・・今度は12拍子系のJaleoに挑戦しようね。

 

 言語と表情というのは、とても関係が深いと思います。目は口ほどにモノを言う、と言いますが、顔の中で「表情を決める力」は口も絶大です。

フラメンコの唄い手の口元に注目してみて下さい。とても、よく動いているでしょう。

踊りと同様、唄も「形から入ることが大事」だと気が付いたのでした。

 

 

新宿エル・フラメンコ

最近のスタジオ状況

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)