今月の曲目解釈、課題曲はMinera でした。

何とまあ“通好みの曲”と申しますか……、きっかけはTiento とTaranto/ta の違いを聞き分けて貰いたかったのですが、歌詞が典型的な炭坑節で説明しやすかったものですから。

曲の説明から始めて1ヶ月、今週はどこのクラスも9割方、歌詞が聴き取れ、スペルミスも殆どなく書けるようになりました。素晴らしい! 苦手語彙は el escombro : 瓦礫 だけでしょうか。

他には、í の アセント落ちや感嘆符 ¡! の前後抜けも目立ちましたが、ネイティヴにも多いミスなので、どうということはないです。

ともかく大切なのは、聴き取れていること、意味を理解していることです。
初出単語は覚えるしかありません。

カンテを通してスペイン語を覚えるのは、非常に効率が良いと思います。
単語カード20枚詰め込むのは大変でも、唄は聞いて味わいながら覚えることができますから。

今回は、それに加えて今まで上級クラスでしかやってこなかった、即興で動くという練習を全クラスで試みました。

ちょっと難し過ぎるかな、と思ったのですが、全く問題なかったようです。

つまり技術や振り覚えの良し悪しという枠がないので、個々の感性だけが浮き上がってきます。舞踊歴の長短は余り関係ないと感じました。

鏡も手本もない環境で、「はい好きなように動いて」と言われて何が出来るか。

唯一の情報は音です。

誰もが身体中を耳にして、フラメンコの本質に触れている様子が伝わってきます。

これからも、暫くこうした練習は続けてみようと思っています。

1年間で振り付けとして消化できる曲は、大体1、2曲ですが、自分で踊らない曲種であっても、フラメンコのショーを観に行って、楽しむことはできます。

どんな風に観たって良いものは良いですが、カンテやギターへの理解がしっかりしていれば、自分の魂を出演者の輪に同化させることができます。より深く、切実に。

踊りとカンテの関わり方、双方の視点から指導できるのは、唯一、私の誇れる部分でもありますので、生徒の皆さん、ぜひ楽しみながら取組んでくださいね。

今日も満席のご来場有難うございました。

久々にSiguirilla という重い曲を踊りました。

もう今までに何度踊ったか判らないくらいですが、毎回、何がしかの悔いは残ります。

それだから、次こそはもう少しマシに踊りたいとも思いますし、反省するより練習しろよ、と自分に言い聞かせています。

また引き続きの応援を宜しくお願いいたします。

次回のエスペランサライブは、9月の発表会が終わってからとなります。

今年の発表会は私もルンベーラでクアドロに加わりますので、ソロの皆さん、パルマを宜しくお願いいたしますねっ!

今日は今週末ライブのリハーサルをしました。

私は今回、何年か振りのシギリージャを踊ります。

ご来場お待ちしております。


場所: 高円寺 エスペランサ

時間:開場19:00 1部20:00 2部 21:25

料金: フラメンコセット4000円 ショーチャージ入れ替えなし+ 1ドリンク+軽食

割引券利用で3500円 , +1500円で23:00まで飲み放題
http://tablaoesperanza.com/esp_map.htm

プログラム

ギター金田豊 カンテ 佐々木紀子

1部
カンテソロ :カーニャ 佐々木紀子
タンゴ: 加藤万理、川崎さとみ、齊藤宣子
ソレア:加藤万理
アレグリアス:齊藤宣子
ブレリアス(ルンベーラ):川崎さとみ

2部
カンテソロ:マラゲーニャ
タンゴ デ マラガ:細貝 恵
ガロティン:加藤万理
シギリージャ:川崎さとみ
セビジャーナス:全員