有難いことに、また5月にエスペランサのお仕事を頂きました。

5月24日(日)

メンバーは以下の通りです。

ギター: 金田豊
カンテ:佐々木紀子

踊り: 加藤万理、細貝恵、川崎さとみ、齋藤宣子

私は最近、明るい曲を続けて踊っていたので、次回は1曲、重いものを踊ろうと思っています。

皆さん、また応援してくださいね。

3月8日のエスペランサライブ 終了いたしました。

ご来場の皆さま、本当に有難うございました。

1月から踊り手同士で一緒に練習を重ねて来て、毎度のことながら パルマの大事さを訴え続ける時間でしたが、やった分だけの効果はあったと思います。

私は自分史上、2度目の「本番でアバニコを落とす」という失態で…、(⌒-⌒; ) おほほ。
手近に落ちた場合はああやって拾いましょう的な…失礼いたしました。

プロ仲間が4人も来てくれ、Fin de fiesta は大盛り上がりになりました。
楽しかったー!

次は9月の発表会に向けて、また生徒共々精進して参りますので宜しくお願いいたします。

ベレン マジャのクルシージョが終わりました。
アレグリアス、タラントス、ティエントス、タンゴス、ブレリア、ソレアのクラスをほぼ毎日、日替わりで受けたのです。

実に色々な意味で勉強になりました。
自分の基礎力のなさ、不器用さを再確認する日々。
超絶に難しいパソは、どんなに録音を聞いても数えることさえ出来ないし、比較的シンプルなパソは速度が全く追いつかないという有りさま…頭の体操か、はたまた動体視力を鍛えているのかみたいな…よよよ。(T ^ T)

超回復(筋肉を休める時間)を取る機会がないまま、翌日は新たな振り付けに取り組むのですが、未消化部分が積み重なるばかりで、まさに「やる気はあるけれど身体が悲鳴をあげている」という状態でした。

でも久しぶりに踊りを習う側の経験をして、気づいたことや思い出したことは多々あり、何とか最後まで続けることができました。

クラス時間の変更や休講をお願いした生徒の皆さん、本当に有難うございました。