「どうしても上体から腕の動きがうまくできない」
「 何か変なのは自覚しているけれど、どうしたらいいのか...」

入門段階から更なる上達を目指す生徒さんからよく聞く言葉です。

実際、上体を随意に動かせるか否かは、“表現力”とも直結する問題ですね。

教える側にとっても口頭で説明したり、鏡で比較して見て貰うだけでは伝えるのが難しいので、直接私の身体を触って貰ったりもするのですが...。


ここで一つ基礎知識として、筋肉の付き方や仕組みを、ザクっと知っておきましょう。

図表などで理解してから、それを我が身に置き換えてみると、具体的に“どの部位を指摘されているのか”が判るようになるはずです。

人間は何につけ「納得できないこと」を無意識に嫌って排除しようとする性質を持っていますから、先ずは「ああ、そうか」と得心して取り組むことが大切です。

具体的に自覚できるか否かで、同じ練習をしても効果が随分と異なるものです。

少し勉強してみると、きっとその面白さに気付くことでしょう。

筋肉の名称などを覚える必要はありません。

こうした図を概観することによって、例えば「腕は肩の先についた部位ではなく、腰から背筋全てを経由して生えている」などが実感できると思います。

http://cmm001.goo.ne.jp/-/health/medical/img/new/medical/jintai/jin008.jpg




「知識」は無いより有るほうが良いのです。

特に大人になって始める趣味には、そうした知的好奇心もうまく取り入れると面白みの幅が広くなると思います。

7月12日(土)
エスペランサライブ のメンバーが決まりました。

変更がありましたが、スタジオにある割引券は有効ですから、そのままお持ちください。

お待ちしております。(*☻-☻*)

ギター:内藤 信
カンテ:大橋 範子
カンテソロ:深谷恵子

踊り: 鈴木 旗江 , 川崎さとみ,奥田理恵子

エスペランサの割引券はこちらからもダウンロードできます。

http://tablaoesperanza.com/esp_map.htm

開店19:00 1部 20:00 2部 21:15 入れ替えなし