この所、親子で体験レッスンに見える方や子どもクラスの問い合わせ、受験生の進路に関する相談まで、何故か子どもに関することが続きました。

 もうずっと昔から学割や、子育て支援割引に取組んできましたので、子どもを持つ生徒さんの割合も多いですし、私自身、子育てをしながらフラメンコを続けてきましたので、できる限りアドバイスを差し上げたいと思い、いつも頂いたご質問にはメールで答えております。

 その中から特に多いご質問
Q: 子どもクラスはありますか?

に、こちらでお答えしておこうと思います。教室のHPに書いてある部分と重複する点もありますがご了承下さい。

A: 子どもだけを対象としたクラスはありません。
通常の入門クラスに大人の方に混ざってレッスンを致します。
自ずと、相応の「日本語理解力」「情報を整理する力」が求められますので、小学校高学年以上が推奨年齢です。

 この件に関して、私がいつも親御さんに確認するのは「その子が自分からフラメンコに興味を持ちましたか?」という点です。

  踊るための身体を作るならば「バレエ」,フラメンコに必要とされるリズム感を養うには「ピアノ」の方が子どもには向いています。

 何より子供向けのレッスンプログラムが充実していますし、それらで身につく能力は応用範囲が広いですから、先ずは、そのどちらかに触れる機会を与えて、その子の踊りや音楽に対する適性を観てあげると良いでしょう。

 フラメンコの技術はかなり専門性が強いので、リズム感は確実に強化されるでしょうが、成長期の身体に良いかとなるとやや疑問です。

 それから、これは大人にも言えることですが「好きかどうか」が、本当に大きく影響します。自分から喜々として稽古に通ってくるタイプでなければ上手くなりません。上手くなれないと余り面白くないのは当然です。

 大人が自分の趣味としてフラメンコを選ぶ理由は、ひとそれぞれで結構なのですが、子どもの場合、親が「習わせる」のだけは止めて頂きたいのです。
習字なり絵画なり、子どもの資質は千差万別に花開く道があるはずです。
思い切り遊ばせてあげる時間を作るのも大切だと思います。

親の好みでフラメンコは選ばないで下さい。

フラメンコをやるに必要な資質は、実はこの「好き」という一点に尽きるのです。