どの分野にも通じることであろうが、「教える」というのは難しい。
いや、単に教えるだけならそう難しいことでない。
一方通行であっても、教えるという作業は終了しうるからだ。

 しかし「教わる側」の習得能力というのは、個人差があるので、ある伝達手段で飲み込めない生徒に対しては、更にそれを噛み砕いて教える必要があり、またそれでも理解しえない生徒に対しては、別の手段を考えねばならない。

 どこまで噛み砕いて教えることが出来るか、また、いろいろな角度から解決の糸口を見つけることが出来るか、決して諦めず、という点で先生の力量は問われると思う。

 一見、難しく思えるようなことも、徹底的に基礎的な要素に分解し、掘り下げて説明することよって、いつかは必ず、伝えられるはずだから。

 それを突き詰めれば、運動心理学は勿論、時に遺伝学や精神分析学さえ勉強の対象となるので、最良の指導法というのは、いつまでも見つからないのである。だが、見つけたいと願い続けることが大切だと自分に言い聞かせている。

「先生」としての成長の鍵は、そうした果てしない課題を提供してくれる個性豊かな生徒たち向き合うことにあるので、「我ながら先生を悩ましているな」と自責する傾向が強い生徒さんは、まあ、そう考え過ぎずに居てもらいたい。

先生に対して「こんなに教えてもらっているのに申し訳ない」「クラスの足を引っ張って申し訳ない」いった類いのマイナス思考に陥るより、自分の苦手部分を冷静に分析して、一点ずつ “可能なレベルにまで” 簡素化して地道に取り組む方が確実に前進できる。
そのように、たとえ時間が掛かっても着実に成長した、或いは成長過程の生徒を沢山見ている。

 ある山に登る時、急勾配であっても近道をグイグイと登る人がいる一方で、裾野から傾斜の緩い坂道をじっくりと蛇行しながら進む人もいるだろう。
自分の体力、筋力見合った道を選び、途中で諦めることさえなければ、必ず、いつかはその頂上に至ることは出来る。
そしてまた、隣りの少し高い峰を目指すことが、終わりのない挑戦なのだと思う。自分の足で登ることによって、経路は違っても結果的には皆、成長することが出来る。

しかし、リフトやケーブルカーを使って山に登った人は、結局、鍛えられていないので、新たな峰を目指す時も、また何某かの乗り物に頼らなければいけない。

「自分の頭で考える」「独力で分析する」ことが大切である。
そうして、苦労する中で、培われていくのが “実力” というものだろう。

長くなったので、続きは次回に。

  悲しいお知らせです。

 

 かつて新所沢スタジオで一緒に学び、歌い、踊った西山(旧姓)明子さん。

通称アッコちゃんが亡くなりました。

緒方さんの姓で記憶している方もおられるでしょう。

 

お通夜、ご葬儀、告別式についてのお知らせを、喪主であるご主人の了解を得て、以下に転載致します。

 

もし、このブログを見て行こうと思われる方は、恐れ入りますが、川崎までメールでご一報下さい。

 

また、彼女の生前の交友関係などから、知らせた方が良いと判断される方々への連絡を宜しくお願い致します。

 

≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠

 

朝倉明子が病気のため、2013年1月14日 21時14分 永眠いたしました。

通夜及び葬儀、告別式は下記により執り行う予定です。

1.通夜 平成25年1月17日(木曜日) 午後17時より読経

2. 葬儀及び告別式 平成25年1月18日(金曜日) 午前11時より読経、午後12時出棺

3. 場所 シティホール向日 玉泉院 概要

http://www.cerema.co.jp/funeral/area/kyoto-south/hall01.php

所在地〒617-0002 京都府向日市寺戸町小佃12-2
お問合せ先TEL:075-921-4444/FAX:075-932-6093
フリーダイヤル:0120-094-110
受付時間年中無休・24時間受付

4.喪主   夫 朝倉晨等(あきら) 様

5.備考   御厚志は、故人の遺志により謹んでご辞退申し上げます。

 火曜日、水曜日と大掃除して頂き、皆さんありがとうございました。
今年もピカピカのスタジオで気持ちよくレッスンを始めることが出来ます。
忙しい中、掃除だけでもと駆けつけて下さった方も、本当にありがとう!
持ち寄りのお料理も全て美味しく、この二日間で、ドンと太った気がする川崎です。^_^;

 さて、2日間共にレッスン前の靴チェックでは、多くの方に、再度の手入れをお願いすることなりました。
掃除をする中で気付かれたことと思いますが、釘の手入れが悪い靴は、大いに床を痛めますので、入念にヤスリがけして下さるようお願い致します。

 また、インフルエンザノロウイルスによる不調でお休みの連絡を受けることが多い季節です。
スタジオに到着されましたら、まず、流し台に直行して、うがいと手洗いをしてからレッスンを始める習慣をつけて下さいますよう、宜しくお願い致します。

 新春より、新たにルンベーラのクラスを開設致します。

 ルンベーラとは何でしょう? 
ひと言で説明するなら『踊りながら唄う人』です。
私のライブを見に来て下さった方なら、ご覧になったことがあると思います。

私が初めて師事した琴かおる先生が、当時は日本人で唯1人のルンベーラでした。
現在も日本人でプロのルンベーラはごく僅かです。
やはり、少なくとも3人以上の踊り手で構成されるようなクアドロでなければ、中々、出番が無いからかも知れません。

でもルンベーラは本当に楽しいのです。

私は自分がルンベーラの仕事をする時は、『ショーの盛り上げ役』『雰囲気を変え、他の踊り手を引き立てる役』と捉えています。
トリは取れませんが、脇役も又、大切な存在であるのは確かです。

 その立ち位置を日本の伝統芸能に喩えるなら、間狂言に通じるものがあるかも知れません。
緊張した場面にひと息つかせながらも、独自の面白味、魅力に満ちています。

何より、唄という直接的な意思伝達手段をもつ訳ですから、スペイン語という壁は高いにせよ、踊りよりも更に具体的な表現・主張が出来ます。


 今まで「カンテクラス」のお問い合わせを頂くことが時々ありましたが、いつも他のカンテ専門の先生をご紹介して来ました。
「カンテ」を教えるともなれば、勿論シギリージャやソレア、マラゲーニャ、グラナイーナと言った難曲も教える責任を負わねばならず、それは私には重責過ぎます。そもそも、習うものでもないような気も致します。

一方、ルンベーラとして扱う曲は、主にタンゴやブレリアといった形式です。
これらも当然、難しいですが、相応に努力、練習すればアマチュアの方でも充分に楽しめるでしょう。
事実、趣味でルンベーラに挑戦する方は沢山居られます。というより、最初からルンベーラにだけ興味を持つ人は殆ど居ないのだと思います。

おそらく、この頁の内容に興味を持たれる方は、既に踊りを習っている方だと思います。

ですから、踊りのレッスンを圧迫しないレベルで、フラメンコの新しい楽しみ方を見つけることを目的に、月2回x6ヶ月=12回で1曲を目安としています。
オープンクラスと違う点は、1回完結のクラスではないため、単発受講は基本的に受け入れないことです。

1曲につき概ね3つほどの歌詞に取り組みます。それに振り付けをし、踊りながら歌えるようになる過程で「歌詞の暗記」にかなりの時間を要しますので、あえて隔週: 月2回というゆとりのある計画を立ててみた次第です。

前置きが長くなりましたが、以下が具体的な日時です。

毎月、偶数土曜日 13:00〜14:20(80分)=月2回 (月謝制4000円)
 ※各種割引も使えますので、詳細は教室HPをご覧下さい。

場所:上石神井スタジオ

     ※ 稀に奇数曜日に振り替えをお願いすることが予想されますが、その場合に出席不可となるようでしたら、その分の受講料は返金致します。
生徒自身の都合でお休みされた場合の振替、返金には対応致しません。

受講希望者が3人以上集まった段階で開講致しますので、興味・質問のある方はメールにてご連絡下さい。

satomi_kawasaki@hotmail.com

件名: ルンベーラクラス

※頂いたメールへの返信は100%お出ししておりますが、迷惑メールフィルターにより、戻されてしまうことが多々あります。
初めて私とメールのやり取りをする方、特にdocomoの携帯メールをご利用の方は、必ずhotmailからの返信が受け取れる設定をお願い致します。


唄も踊りも好きな方。多少、音痴でも大丈夫
大きな声が出せる方の参加をお待ちしております。

 年末年始、皆さん如何過ごされたでしょうか?

年賀状を下さった方々、有難うございました。
例年通り、私は年賀状を書きませんので、欠礼をお許し下さい。

さて、既にお知らせしてありますように、最初のレッスンは来週、火曜日、水曜日から大掃除と新年会を経て始まります。

既に皆さん、私物は持ち帰って手入れをしてくださっているはずですが、再度、スタジオへ持ち込まれる前に数点、確認なさって下さい。

 ファルダ(スカート):
 1人1着限定。名前を記入。
両サイドにループを取り付けること。
ハンガーにも名前シールを貼ること。

 靴:
1人1足(スタジオフリー使用者は2足まで)
靴裏の張替えを業者に頼む際には、黒く色落ちすることのないものを指定指定下さい。
靴のヤスリがけを十分に行うこと。: これは新年のレッスン前に全員分、チェックをします。手入れ不足の靴はやすりがけ終了まで、履くことが出来ませんので、そのつもりで念入りに金ヤスリで磨いて来て下さい。
靴底(土踏まず部分)に、名前を書くこと。

靴の棚は収納に限界がありますので、2人で1スペースを共有して下さい。


コルドベスとマントン: 使用する曲を練習中の人(次回、踊る予定のある人)のみ。


その他、カスタネット等の私物は、 スタジオに放置しないで下さい。

何人か、昨年末に上記の私物を持ち帰らなかった人がいます。該当者ついては、今年一年間、その品物をスタジオに置くことを禁止します。

蛇足ながら…。
 およそ着用済みの衣類で1年間、洗濯しないものってご自宅にあるでしょうか?
普通は考えられないと思いますが、更衣室にある練習用ファルダのハンガーには、それが沢山残されていました。

スタジオから持ち帰って私が洗濯したスカートは両スタジオで合計14着です。
これは、ちょっと苦言を呈しても許されるのではないでしょうか。管理者として情けないと申しましょうか。

また、靴はスタジオ床材をタップリと削り取った痕跡のあるものが目立ちました。
釘の手入れがキチンと出来ないのは初心者から中級者に多いです。

どうか、スタジオとフラメンコ道具、双方に更なる配慮を持って頂けるようにお願いいたします。