今日、上石神井スタジオの賃貸契約の更新に行ってきました。3回目の更新…。スタジオは来月、4月から16年目に入る訳です。

 正直、よくぞ続いているなぁ、という気持ち。でも、元は大泉のカルチャースクールからついてきてくれた生徒さん10人ほど?で、家賃にさえ満たない状態からスタートしたのでした。

 その頃は、カルチャースクールなど、幾つも掛け持ちで教えていたので本当に忙しく、当然、1人では教え切れませんからアシスタントに助けてもらい…、一番多かった頃はアシスタントは10人ほども居て…、一度も親しく話しをしたことのないような生徒さん、名前を覚えない内に辞めてしまうような生徒さんも沢山…というような環境でした。

 今は新所沢と上石神井のスタジオ2つだけを全て1人で教えているし、新入会者は体験レッスンを経て入ってこられ、初めの内は個人レッスンでスタートしているので、コミュニケーション不足になることはまずありません。

 おそらく習う側、教える側の双方にとって、今のスタイルの方が望ましいでしょう。

永年、続けてくれている生徒が、後輩の面倒をみるという良き伝統も引き継がれているし、生徒さんには、本当に恵まれているなぁ、とつくづく感じています。



 スーパーの菓子売り場で雛あられを見るたびに、そうそうスタジオに雛人形を出さなくちゃと思い、後でスタジオに行くとすっかり忘れている、ということを約2週間繰り返した挙句、昨日は奇跡的にスタジオを出て5分後に思い出したので、電話をして生徒にお願いしました。

 夜、スタジオに戻ると、綺麗に並べられていて、雛あられまで!誰か買ってくれたんだわ…。有難うございました。

3月3日も、また土曜日です。(今日と同じ時間割ですな)

 雛人形は片付け忘れると、婚期が遅れるたら何たら、聞いたことがあります。
きっと根拠のないことでしょうが、ぜひ、お片付けも宜しくお願い致しますねー! ´ ▽ )ノ

いやはや、昨夜のクラスも敗北しました。

やはり難しいようです。ソレアとシギリージャの聞き分け。

 

ぜんっ・・・ぜん、違うからね。何度も言うけど。

 

何で、こんなにくどく「判って下さい」と繰り返すのかというと(自分の生徒へです、ここでは)やはり、みんなフラメンコ好きで通ってきてくれているわけです。

 

シギリージャやソレアといった難曲を、中級クラスのグループレッスンで振り付けることは私の場合、まずありませんが、プロは好んで踊る曲です。

 

フラメンコ楽しみ方として大きな割合を占める“見る”という場面で、曲種やそのコンパスに対する理解度が有るか無いかでは、感動できる割合が全然違うことでしょう。

 

勿論、“いいもの”は、全ての人を感動させることが出来るはず、だとは思います。だとは思うのですが、それに加えて、ちゃんと知識を持っていれば、その感動は、きっともっと深くなることでしょう。

 

クラスで唄を勉強したり、パルマを相互に叩いてもらったりしているのは、そうした総合的な理解力を上げることで、フラメンコのどんなシーンでも(カンテソロ・ギターソロ・踊りが始まる時から捌けるときまで、伴奏者とソリストとの駆け引きの仕方など)わくわくした時間を過ごしてもらいたいからです。

 

自分が踊ったことのない曲でも、音楽面での理解度さえあげれば、舞台への共鳴度はかなり高まります。

 

 他にもティエントとタラントの聞き分けは難しいかもしれません。

しかし、まずは“シギリージャ ”克服しましょう!(当教室生徒向け)

 

じゃ、今日はCarmen Limaresのシギリージャを紹介しておきます。伴奏はPaco Cortes          http://www.youtube.com/watch?v=lvIo60zSvZQ

 

週明けのクラス、期待しているからね。

 もうひとつ、シギリージャを紹介しておきます。

 

José Marcé ホセ・メルセ

http://www.youtube.com/watch?v=yRXaWhHfFC0

 

伴奏しているモライート・チコは昨年、亡くなってしまいましたが・・。

 

同じ形式でもアレンジや唄う人によって、随分と違ったものに聞こえると思いますが、集中して聞く内には、特徴を掴めるようになると思います。

 

味わって何度も聞いて下さいね。

 今更なんだけれど、Sigurilla:シギリージャと Soleá:ソレアの

区別がつけられる生徒が少なくて・・・、私としては、日頃から曲種の聞き分けを丁寧に説明してきたつもりだったので、残念に思っている。

 

いかんなぁ・・と言うより、とっても勿体ないことだと思う。

フラメンコやっている以上、たとえ自分が習っていない曲でも、音楽的に理解しておくことは、とっても大事!

 

見る側としての楽しみ方が全然違うからね。

 

先ずはMayte Martín のシギリージャ、リンクはっておきますから、100万回見て下さい。

 

http://www.youtube.com/watch?v=nMmxc7akwgE