今日は、タブラオの老舗、新宿のエル・フラメンコに行きました。

出演者が3月に変わってから、初めてでしたが、今回の新しいグループはお勧め!です。

20歳のbailaor バイラオール:男性フラメンコ舞踊手が座長だからでしょうか、他のメンバーも全員若い!

テクニックは勿論ですが、容姿、衣裳のセンス、曲の構成、全てにおいて、とてもバランスの良いグループだと思いました。

9月25日まで出演しているので、ぜひ一度、足を運ばれることをお勧めいたします。(お店から、宣伝を頼まれた訳ではありません)

 

あ、、そうそう!毎週、月曜日と火曜日の2部のショーの終わりでは、舞台でメンバーと一緒にセビジャーナスが踊れるそうです。

スペイン人アルティスタと同じ舞台に立てるチャンス!如何ですか?!

(・・・と、この件は、エル・フラメンコのマネージャーからしっかり宣伝を頼まれました。)

 

ともあれ、本当に良いグループだから、ぜひ沢山の人に見てもらいたいと思います。

 

 私の教室では来月、このお店で発表会をやるので、一緒に行った生徒たちは、舞台の使い方など見て勉強になったようです。

客席が前と左右、三方向にある空間で、それを意識して踊るというのは、なかなか難しいものです。天井が低い、という難点もあるし・・・。

 

でも、エル・フラメンコには、ある種「場所の力」とも言えるものがあるので、ぜひ、それを味わって踊ってもらいたいと思っています。